-->

【結婚式】てづくり編その1〜ベール〜


久々の記憶の彼方結婚式シリーズ⊂( ^ω^)⊃
おやおや、もう3年半前ですか早いものですね…
書くの遅すぎ問題で記憶があらかた消え去ってますけど
なんたっててづくり編が「その1」ですからね。
どんだけ時を経るつもりだよ。
時の流れキモス…
しかし今回はこれだけは主張したいてづくりしんどかったランキング第2位!!
ウェディングベールです。

ウェディングものって何かと高いですけど、ウェディングベールもご多分にもれずさらっと
「こちらの短い方で3万円、ロングだと5万円です〜^^」
とか、こだわり選んだわけでもないデフォルトで置いてやるやつでも言われるわけですよね。
しかもレンタルで。
高?!
こんなただのあみあみ…つくるわ!!
とケチなゆてさんは思いました。
いけそうだと。
モンハンコスを全部手縫いでつくった俺だ!できる!(何かのフラグ)

作り方を調べる。
頭に載せてるコームのところがふわっとさせるのにちょっとめんどくさそうだけど、基本は四角いレース布(チュール)にぐるっとレース縫い付ければいいだけだな!
よし!!

買い出し。
材料は、浅草橋のウェディングパーツ屋さんで本体5000円くらい。
コームは数百円。
ぐるりのレースは、こここだわりだすと高くなりますけど縫うのも大変そうなのでシンプルな1.5cm幅くらいのを新宿オカダヤで購入。
値段忘れたけどチュールよりレースの方が高かった。
せっかく作るんだし借りたり買うよりだんぜん安いしバージンロードわりと長いからベールも長くしちゃえ(°∀°)


ただ縫うだけだ(°∀°)!!
と思ってベール長は3mだったかに設定した…
ふつうロングでも1.5mくらい?
これが地獄の始まりとは気づかずに…

チュールの四つ角を角丸に切り落として、ぐるっとまわりにレースを縫い付けます。
要はただこれだけなのだが、事件が起きた。
レース付けなんてまっすぐだしミシンで一瞬よお(^p^)
そう思っていた…
しかし、2年ぶりくらいに引っ張り出してきたミシン、はい壊れてました\(^p^)/
直せば使えると思うんだけど、ネットで検索さくさくしたかんじ直すのも結構大変そうな壊れ方\(^p^)/
あわあわあわあわ\(^p^)/
手縫いです。
ぐるりということは、単純にベールの長さの2.5倍くらいあるわけです。
3mなら7.5mです。
だが仕方ない…やるしかないんだ。
ミシンあると思ったから日にちもギリギリです。

ちくちくちくちく…

ちくちくちくちく…
ちくちくちくちくちくちく…

途中3回くらい泣いてキレた。


準備中の乱れた戦場の中ではベールも輝かない…
誰だよ作るって言ったやつ??!
買えよ!!ていうか借りろよ!!( ; ; )
その方が豪華で早かったろ??!!
と叫びながらつくったベール…なんとかできました。
作り方はぐーぐる先生で「ベール 作り方」で出てきた上3つくらいを参考につくりました。
レースの形状いかんで作り方自体は簡単だったよ!
根気との戦いだった…
ミシンが使えるかは事前に確かめよう。


そしてその苦労の塊ベールを新郎である王子は式中にがっつり踏んだわけだが…(震え
今、そのかさばるロングベールを断捨離するか否かで悩んでいます。


〓ゆて*σ_σ)〓

コメント
一直線縫いの果てしなき遠い道のりはまるでこれからの人生のよう…ゴロはコス作っている時でさえそう思った(;∇;)ベールなんて凄い道のり頑張ったゆてさん素晴らしき!!

ぜひ 次に式を挙げるゴコメンに引き継いでほしい
  • ゴロ くコ:彡
  • 2017/02/27 10:11 PM
コスつくってるときは試行錯誤あるからずーと同じじゃなくて楽しかったんだけどねえ!
延々と続くただのまっすぐはつらかったわ…( ;∀;)www
次に式あげるごこめんて誰じゃよ…笑
でもぺらぺらだから買った方がかわゆだよお!!
  • ゆて*σ_σ)
  • 2017/03/07 8:48 AM
コメントする








   

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend